スマートフォンアプリからWebアプリケーション、業務システムまで対応可能な総合システム開発はビットオン

Windows
基幹・業務系システム開発

基幹・業務系システム開発

PCによる業務系システムでの提案が多い
.NETアプリケーションや、イントラシステム。
windowsタブレットの採用数も増えてきております。
Window7,8,10共にお任せ下さい。



制作事例

・給与計算システム 

・経理システム

・総務システム

・営業支援システム

・購買システム

・社宅管理システム

・経費精算システム

・請求書管理システム

・労務費管理システム

・社会保険システム等

 

企画・設計・開発を担当し
現在保守管理を継続中です。

  • 業務系アプリケーション開発の実績が豊富です。

  • 業務内容を徹底的に分析し効果的なソリューションを提案します。

  • オフィスソフトウェアとの連携もお任せ下さい。

  • PCのみではなくスマホ及びタブレットとの連携も提案します。

様々な業態のお客様とお仕事をさせて頂きますと、お陰様で色々な業務知識を吸収することができます。
業務系アプリケーションの提案力は、技術力よりも業務知識力が重要であると考えております。
いかにお客様の目線に立って物事を考えることが出来るかが提案力を左右するからです。

通常業務系アプリケーションのゴールは2つに分かれます。
1つめは、経費削減を目的とした業務効率化です。
「とにかく人手がかかっている業務をシステム化することで人件費を削減したい。」
削減できる人件費とシステム開発費用を比較し、その効果を計るものです。

2つめは、業務拡大の為にシステムを戦略的に利用するという事です。
これは、人間が経営的な判断を行う為に必要な、様々な角度からの分析データー及び集計データの作成に他なりません。
精度の高い分析データーを得るために必要な基本項目は、
・様々なシーンから取得する精度の高いデーター入力
・膨大なデーターを確実に保管すべきインフラ(保存)
・様々な抽出条件によるデーターの切り出し(抽出)
・ビジネスの進化に対応する柔軟性
であり、この要求に応えるシームレスなシステム提案をさせて頂きます。
また、日々進化するビジネスシーンにあわせてシステムもバージョンアップしていく必要があり、お客様と開発会社との協調性や信頼性が非常に重要であると考えております。

企業向け開発案件の多くは、Windows7をターゲットにしたものが多い状況ですが、大手企業様のWindows10への移行も加速しております。
ビットオンでは、従来のWindowsフォームはもとより、WPF(Windows Presentation Foundation)対応もお任せください。


現在ビットオンではWindowsプロジェクトの開発工程においては、以下のアプローチを採用しております。
 

  • .NET Framework対応のアプリケーションをC#にて作成します。
  • デスクトップアプリケーションのメリットであるU/Iを効率化します。
  • ビジネス利用の用途を踏まえて、操作性(キーボード操作含む)を最大限重視します。
  • ご要望に合わせて、C/S,イントラネット、エクストラネット等の提案をさせて頂きます。
  • 事務処理の中には小規模な要求も多くあります。(csv加工、抽出、印刷、計算等..)
    開発期間が数日程度のスポット使用プログラムの対応も行います。
  • Microsoft SQL Serverを使用した案件が多く実績が豊富です。(Oracleも対応可能)